So-net無料ブログ作成

外国特派員協会に答えた羽生結弦の被災地へのメッセージ [羽生結弦 外国特派員協会]

0307.jpg

2013-2014シーズンの羽生結弦選手は、オリンピックをはじめ数々の大会で優勝し、素晴らしい成績を残しました。

シーズン終了後の外国特派員協会の記者会見にて、羽生結弦選手はこう話しています。


「今シーズンは非常に良い結果を出すことができました。けれど、まだ19歳なので、来シーズン、そして4年後の平昌オリンピックに向けても、また精一杯精進していきたいと思います」

と、これからの活躍も期待させ、

「ここまでくるには、本当にたくさんの方の応援があり、感謝の気持ちを述べさせて頂きたいと思います」

と、いつものようにまず感謝を述べる姿勢には、本当に感心させられます。

[DVD] 羽生結弦 覚醒の時【通常版】

[DVD] 羽生結弦 覚醒の時【通常版】
価格:3,037円(税込、送料別)



また東日本大震災で被災した子供たちへのメッセージを尋ねられ、

「震災について僕が語るのは難しいことなんですが、この金メダルが希望になったり、応援して下さったことの結果として、ひとつのものを目指していったことの象徴になったらいいなと思います」

「若い方に対しては、まあ僕もまだまだ若いんですけども」

と笑いながら、

「とにかく、自分がやりたいことを一生懸命やる。でも、それを達成したときに自分だけが喜んでいるかといえば、そうではなくて、応援してくれる方々がいるからこそ、自分が達成できたということに気付けたらなと思っています」



それまで笑顔だった羽生選手も震災について話しているときは真剣で、真っ直ぐに気持ちを伝えたいという様子でした。


支えてくれる人がいたからこそ今の自分がいるという考えは、震災で被災した羽生選手だからこそ重みのある言葉として心に染みわたります。

0305.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【外国の反応】羽生結弦、中国杯でのアクシデントにタイ人は? [羽生結弦 外国の反応]

0201.jpg

ソチオリンピックで金メダルを獲ってからというもの、羽生選手の名は世界中に知れ渡りました。

ただ、有名になった分、中国杯での衝突事故に対する外国の反応も大きかったようです。

羽生結弦から始まる時代

羽生結弦から始まる時代
価格:1,500円(税込、送料込)



親日で知られるタイでは、

「私の心にすごく響いた。フィギュアスケートが好きじゃないと、ここまでできないよ。彼こそ1位!」

「闘志があって、一生懸命で、頑なで…。オリンピック王者の座を手に入れたというのに、全く妥協がないよ。」

「今回は1位にはなれなかったけれど、その強い精神が世界中の人の心をつかんだと思うよ」

と、羽生選手の健闘を称えるコメントであふれていました。


「出場を無理やりにでも止めなかったスケート連盟が批判されているけど、羽生選手だってこの日のために厳しい練習を重ねてきたんだ。一生懸命汗を流して、色々なものを犠牲にしてきたことだろう。そんな選手の意思を止めることなんてできないよ」

「自分もスポーツをやっているから、彼の気持ちは痛いほどよくわかる。このときのために何年も練習に耐えてきたんだ。それを見てきたコーチだって、同じ気持ちだよ。むしろ、誰よりも羽生選手の気持ちを理解してあげられるんじゃないかな」

など、血を流すほどのケガだったにも関わらず強行出場したことに対し、理解を示す意見も。


「羽生選手が泣いているのは、ケガが痛いからじゃない。演技の得点が思っていたより高くてホッとしているんだよ。グランプリファイナルに出るための大切な試合だったから」

このあと羽生選手は、ケガの回復を待たずに、グランプリファイナルへの切符をかけてNHK杯にも出場します。

グランプリファイナルを目指す意志が羽生選手をここまで強くし、さらに世界中の視聴者に大きな感動を与えることになりました。

このアクシデントは、フィギュアスケートの歴史に残る一件になりそうですね。

0305.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ソチ直前に最高得点!羽生結弦のグランプリフィアナル2013を見た外国の評価 [羽生結弦 外国の評価]

30-1.jpg

ソチオリンピックで見事な『パリの散歩道』を演じてみせた羽生結弦選手。

オリンピックの2ヶ月前、グランプリファイナル2013では、同じ『パリの散歩道』でショートプログラムの世界最高得点を塗り替える94.88点を叩き出しました。


オーサーコーチも大喜びだったこのときの演技。

外国の評価も絶賛の声であふれていたようです。



「なんて驚異的な演技なんだ!」

「信じられない…!驚くべきパフォーマンスだった!」

「まるでソチのために誰かが彼の背中を押しているようだよ!」

「音楽も美しいけど、彼はそれを完全に自分のものにして演技に取り込んでいる。夢のようだね」

「楽しんで滑っている姿が大好き。音楽と完璧に調和している」

「羽生選手がすごいのは、どんなに高得点をとっても自分の演技に納得していないところ」

など、演技の表現や人間性も含めて「羽生結弦」は魅力的な様子。


羽生選手のかわいさに魅了されたファンからは、

「何回見ても飽きないなぁ~。かわいくって、セクシーで、情熱とクールさを持ちあわせている」

「羽生結弦はとってもかわいい!演技が終わった後、得点発表を待っているときの様子がすごく好き」

「まるで簡単に演技をこなしているようだけど、一度リンクを離れれば子供のような無邪気さを見せる。そんなところが愛らしいね」

と、持ち前のギャップにただただ「かわいい!」と母性がくすぐられてしまうようです。


また、

「現代の日本のポップカルチャーにおける人気の傾向に近いと思う。男性にしては美しすぎるってことだよ」

というコメントに対し、

「本当にその通り。漫画の世界の人間みたい。とてもかっこいいわ」

と、羽生選手の人気を日本文化に繋ぎ合わせた考察も。


外国の評価の高さは、オリンピック前から十分なものでした。

フィギュアスケートファンの間では、若干19歳の羽生選手がオリンピックで優勝したことは決して意外なことではなかったのかもしれませんね。

0304.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

グランプリファイナルでケガからの復活を遂げた羽生結弦!世界の反応は? [羽生結弦 世界の反応 グランプリファイナル]

29-1.jpg

ソチオリンピックで優勝してからも活躍の衰えない羽生結弦選手。

昨年末行われたグランプリファイナル2014でシーズン世界最高得点となる288.16点を叩き出し、ここでもまた金メダルを手にしました。

まだ齢19にもかかわらず王者の貫禄を見せ、日本の、世界のフィギュア界を引っ張っていく存在としてトップを走り続けます。



中国杯でのケガからの見事な復活。

注目の集まった羽生選手の演技に、世界の反応もにぎわいました。


「転倒したけれど、それ以外の演技は熟練の技だ」

「もし転倒していなかったら、信じられないような点数が出ていただろうね」

「オリンピックでチャンピオンになったときのように滑っていた。もう敵なんていないよ」

など、オリンピックの再来とでも言うべき演技に興奮の様子。


また中国のファンは、

「結弦が喜んでると私も嬉しい!」

「羽生くんなら絶対優勝すると思ってた!彼が常に上を目指して挑戦し続けることはみんな知っている。羽生くんに並ぶ選手なんていないね」

「ケガをしたというのに、こんな状況でもちゃんと成果を出すんだから、本当にすごい」

と、ケガのあと調子の冴えなかった羽生選手の復活を喜んでいました。



しかしこの放送、実は中国の放映時に解説者が羽生選手の「弦(xian)」を「xuan」と発音し、ファンからクレームが起こりました。


「放送局は解説者のレベルを確認して!!珍しい漢字でもないんだから」

「字も読めないの?本当に高校を卒業してるの?」

など、発音の間違いがたいへん顰蹙を買ったようです。


『羽生結弦』という名前は、中国女性からも「響きがいい」や、「美しい名前にぴったりの美しい容姿」というように、評判がいいのだそう。

だからこそ、余計に名前を間違えたことがファンの怒りに火をつけてしまったのでしょうね。

0303.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ソチの激しい金メダル争い!羽生結弦の優勝について世界の反応は? [羽生結弦 世界の反応 ソチ]

0307.jpg

感動のソチオリンピックも、もう1年も前のことになってしまいました。

羽生結弦選手の日本男子フィギュアスケート初となる金メダルには、日本中が大いに沸きましたね。

それは日本だけでなく、海外でも同じだったようです。

蒼い炎 / 羽生結弦 【単行本】

蒼い炎 / 羽生結弦 【単行本】
価格:1,512円(税込、送料別)




羽生選手の金メダルが決まった後の世界の反応は、

「誰が1位になるかわからなくて、荒れた展開だった。どの選手も、自分の持ち味を活かした完璧な演技は出来なかったように思えるなあ。でも羽生結弦は誇りに思うべきだね。特に昨日のショートプログラムの演技は本当に素晴らしいものだったよ」

と、フリープログラムでの転倒は残念だったものの、ショートプログラムで見せた羽生選手の実力を認め、金メダルも納得、といった様子でした。


「中国系カナダ人のパトリック・チャン、日本人の羽生結弦、韓国系カザフスタン人のデニス・テン。うーん、COOLな感じだ」

「ドラマチックな優勝争いになったね。羽生結弦とパトリック・チャンの金&銀メダルを祝福したいな。でも、高橋大輔がいないことだけは残念だったよ!」

と、羽生選手のみならず高橋選手を惜しむ声も。

日本人のストイックに向かう姿勢からか、慎ましやかでも力強い美の表現からか、日本のフィギュアスケーターは海外でも高い人気を誇っているようです。

0203.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

羽生結弦、中国杯の衝突は本当に事故?疑う世界の反応 [羽生結弦 世界の反応 中国杯]

0109.jpg

手術後、無事退院して、現在は練習に励んでいるという羽生結弦選手。

手術の直接の原因ではないにせよ、中国杯での衝突事故が何らかの影響与えてしまったのではないかと疑ってしまいます。

この衝突事故のニュースに対し、世界の反応は様々あったようです。



開催国の中国では、

「2人も痛そうだった…。どうか無事でありますように」

「狭いリンクで一緒に練習することは仕方なかったんだよね。世界共通のルールだし」

「後遺症が残らないといいけれど…」

「この練習、狭くて毎回ヒヤヒヤするけど、とうとう起こってしまった」

「ケガしても滑るなんて、すごい精神」

「運が悪かった」

「スケートって危険な競技なんだね…」

「後ろ向きに滑ることが多いからね」

など、両選手を心配する声がみられました。


しかし、この非常事態においても

「日本人と中国人の選手を一緒に練習させるからこうなった」

「中国の選手は何ともないのにわざと倒れた気がする」

「日本人が中国でこうなるのはいつものこと。中国人はなんだってやるんだから」

と、自国すら批判するコメントも。

はたしてどちらの肩を持っているのでしょうか…。


また、リンクから離れる羽生選手を見て、

「ケガしてフラフラなのに、プーさんを持ってるのがちょっと笑える(笑)」

と、心配しながらも羽生選手らしい一面にクスッとくるシーンも注目されていました。

プーさんは羽生選手の心の支えですから、こういうアクシデントのときこそ元気を与えてくれるのでしょうね。

0107.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ケガを抱えた羽生結弦が優勝!不調の全日本選手権2014に対する世界の反応 [羽生結弦 世界の反応 2014]

26-1.png

12月25日~28日に行われた2014-2015シーズンの全日本選手権で、見事3連覇を達成した羽生結弦選手。

ショートプログラムは綺麗な4回転トウループから始まり、トリプルアクセルなど大技を次々と決め、94.36点で1位発進となりました。






この羽生選手のショートに対して海外では、

「彼のルッツはどうなってしまったんだ。明日はトリプルルッツではなくて、フリップにした方がいいんじゃないか?」

「よくやったと思うよ。確かにルッツは甘い部分もあるかもしれないけど、4回転は問題ないね」

「あんな綺麗に滑ったのに、たったの90点なの?あの技術点には…(納得いかないという様子)」

など、羽生選手の(1位ながらも)不調な様子に、オリンピックチャンピオンらしさを求める世界の反応がうかがえます。






そんな意見をなだめるように、

「みんな忘れてないかい?羽生選手はケガやメディア露出の影響で、他の選手よりも練習ができていない」

と羽生選手を擁護するコメントもあり、期待を受けることの大変さを感じます。


また、そんなことは関係なく、

「スピンのミスなんて、彼にしては珍しいことだね。でも私にとっては大した問題じゃないかな。構成点よりも芸術点で高評価をもらえれば、私は幸せ!」

と、羽生選手の”表現”が好きという方も。


コンビネーションジャンプが振るわなかったからか、昨年の全日本選手権の自己スコア103.10点には及びませんでした。

「羽生がトップだね!でも予想よりもずっとスコアがずっと低いや」

と少し残念な様子もみられました。

26-2.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【海外の評価】 「ヨナがいなくなったら…」 韓国がうらやむ羽生結弦の才能 [羽生結弦 海外 評価 韓国]

0207.jpg

羽生結弦選手が師事するブライアン・オーサーコーチは、韓国のキム・ヨナ選手のコーチでもあります。

バンクーバーオリンピックで金メダルに輝いたキム・ヨナ選手と、ソチオリンピックで金メダルを獲った羽生選手。

選手のがんばりはもちろんですが、オーサーコーチがいかに腕のある方かということが証明されたように感じます。






国民的英雄であるキム・ヨナ選手と同じコーチを持つ羽生選手は、韓国ではどのように評価されているのでしょうか。

ソチオリンピックを見た韓国の方の反応は、

「伝説だったプルシェンコ選手が引退した日に、史上初めて100点を超えた10代の天才選手。男子シングルの一つの時代が終わって、新しい時代になったと感じさせられる」

「フィギュアの実力に加えルックス…。このスター性は持って生まれた才能だよ」

「オーサーコーチが本当にすごい。1位と3位の選手がオーサーコーチの教え子なんて」

と、やはりキム・ヨナ選手に関係するからか、オーサーコーチの敏腕ぶりに感心している様子。


「勝ち負けは関係ない!金メダルおめでとう!平昌ではもっとすばらしい活躍を見せてくれることを信じているよ!」

と、次のオリンピックに向けて期待を膨らませる声も。






一方、

「被災して、一時はフィギュアを辞めようと思っていたっていうのに…。活躍できてよかった。うらやましい限りだよ、韓国男子フィギュアはさ…」

「国籍とか関係なく、有能な選手であると認めるよ。初めてのオリンピックでもしっかりと振舞っていた。他の海外の選手たちはジャンプのときに失敗を恐れてる感じがするけど、彼はまったくそんな風ではなかった。韓国にもこんな選手がいたらなぁ」

「日本は選手の層が厚くてうらやましい…。ヨナが引退したら、韓国はまたフィギュア不毛の地になってしまうよ…」

「ジャンプがとても安定していて、動き全体に余裕があるように見えた。レベルが違うって感じ。韓国にもこういう男性選手がいれば…」

「日本の羽生結弦が101.45という高得点を出したというのに、韓国の男子フィギュアはいったいどこで何をしているんだ?厳しい現実だよ…」

など、韓国では特に自国の選手層の薄さを嘆く声が多くみられました。


4年後、母国で開催される平昌オリンピックに向けて、韓国の男子フィギュアもどんどんいい選手が上がってくることを期待したいですね。

0301.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

羽生結弦はトラブルにも負けない!世界選手権2013を見た世界の評価 [羽生結弦 海外 評価 世界選手権]

24-1.jpg

2013年の世界選手権直前。

もともと食が細く体調を崩しがちだった羽生結弦選手に、インフルエンザが襲いかかりました。

10日間の療養を経てなんとか治し、大会1週間目にようやく4回転ジャンプの練習を再開できたといいます。

結果は総合4位となりましたが、海外での評価は順位以上に良いものでした。






たとえば、フリープログラムを解説するドイツの解説者は、「彼は今日、スポーツの本質を学んだ」と言います。

疲れきって、演技後リンクに座り込んでしまうほど全力を出した羽生選手。

「彼はすでに限界だね。でも、それでいいんだ。ぎりぎりの限界を手探りで探すこと。これこそがスポーツの本質なんだよ」

解説者はこう語り、

「失敗は失敗だ。けど、彼がこの課題にどう取り組んだかということが大切なんだ。素晴らしいことじゃないか」

と、まるでこれからのフィギュアスケート界を引っ張っていく才能に喜んでいるかのようです。






また、この演技を見た視聴者も、

「インフルエンザや左膝の負傷などのトラブルを抱えながらも、彼はやりきった。まだ18歳なのに、身体的なものだけでなく、彼の精神の強さを見せてもらったよ」

と、不屈の精神を持つ羽生選手に感銘を受けたよう。

「彼の演技が他と異なるのは、演技の本番中に自分のモチベーションを立て直しできるところだ。彼の豊かなイマジネーションは、スポーツとしてだけでなく、本物のアーティストとして表現するのに非常に重要な役割を持っている」

フィギュアスケートは、どんなにジャンプがうまく跳べても、感情豊かな表現力を持ち合わせていないと高い得点はもらえません。


「彼はまだすべての要素を持っているわけではない。けれど、もう時間の問題だね。きっと自分でそれを磨き上げていくさ」

とのコメントの通り、羽生選手は翌年のソチオリンピックで今までの努力のすべてを出して、とうとう世界一となりました。


技術的な美しさ、そしてそれを上回る精神の強さが合わさって、羽生選手は完成されていくのでしょう。

24-2.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

躍進の2014年!羽生結弦の海外の評価は変わったのか? [羽生結弦 海外 評価 2014]

0205.jpg

ソチオリンピックにはじまり、グランプリシリーズや全日本選手権など、1年中忙しく動き回っていた羽生結弦選手。

非常に注目度が上がった年になり、海外での評価もこれまで以上に大きなものになったことでしょう。



たとえば、グランプリファイナル2014の外国語解説からも、羽生選手の海外での評価がみてとれます。


このフリープログラムで、羽生選手は『オペラ座の怪人』をチョイス。

イタリアの解説者は「ファンタスティック!素晴らしいスケーター、素晴らしい逸材に、観客は熱狂しています」

と言い、発表された得点を見て、

「もう優勝と言ってしまってもいいでしょう!」

とまで断言しています。


「彼は別の太陽系から来たスケーターなのかもしれない。本当に衝撃的です。彼の演技にただ見とれてしまう。なにより、技ひとつひとつのクオリティは目を見張るものがあります」

と、オリンピックで見せた技術の高さをあらためて強調。


「まったく力を入れていないかのような軽やかなジャンプ。着氷もだ。スピンだって、彼はまるで氷と戯れているかのようにすら見える。いとも簡単にこなしているかのようです」

「3A-3Tのコンビネーションジャンプのなんとしなやかなことか!」

ジャンプの天才と言われた羽生選手は、その細身の体型を活かした美しいジャンプをこなしてみせます。


「転倒のことは、まあ忘れましょう。コーチも結弦も笑っている」

「4回転のジャンプでどれだけの得点を得たことか。それに、彼は表現においてとても成長ましたね。実に偉大だ」

と、オリンピック王者のさらなる成長を喜んでいるよう。


「グランプリファイナルを締めくくるのにふさわしいと言えるでしょう!結弦は、強い意志とスケートへの情熱を見せてくれました。彼は、自分自身と闘っていたのでしょう」

”世界に敵なし”とまで言われた羽生選手ですが、イタリアの解説者は羽生選手の敵がまさに”自分自身”であるということを見抜いています。


『フィギュアスケートは己との闘い』。

羽生選手は、以前会見でこう述べました。

自分を甘やかすことなく、ストイックにスケートに取り組んでいるからこそ、海外からも高い評価を受ける選手へと登りつめることができたのでしょう。

23-2.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。