So-net無料ブログ作成

ソチ直前に最高得点!羽生結弦のグランプリフィアナル2013を見た外国の評価 [羽生結弦 外国の評価]

30-1.jpg

ソチオリンピックで見事な『パリの散歩道』を演じてみせた羽生結弦選手。

オリンピックの2ヶ月前、グランプリファイナル2013では、同じ『パリの散歩道』でショートプログラムの世界最高得点を塗り替える94.88点を叩き出しました。


オーサーコーチも大喜びだったこのときの演技。

外国の評価も絶賛の声であふれていたようです。



「なんて驚異的な演技なんだ!」

「信じられない…!驚くべきパフォーマンスだった!」

「まるでソチのために誰かが彼の背中を押しているようだよ!」

「音楽も美しいけど、彼はそれを完全に自分のものにして演技に取り込んでいる。夢のようだね」

「楽しんで滑っている姿が大好き。音楽と完璧に調和している」

「羽生選手がすごいのは、どんなに高得点をとっても自分の演技に納得していないところ」

など、演技の表現や人間性も含めて「羽生結弦」は魅力的な様子。


羽生選手のかわいさに魅了されたファンからは、

「何回見ても飽きないなぁ~。かわいくって、セクシーで、情熱とクールさを持ちあわせている」

「羽生結弦はとってもかわいい!演技が終わった後、得点発表を待っているときの様子がすごく好き」

「まるで簡単に演技をこなしているようだけど、一度リンクを離れれば子供のような無邪気さを見せる。そんなところが愛らしいね」

と、持ち前のギャップにただただ「かわいい!」と母性がくすぐられてしまうようです。


また、

「現代の日本のポップカルチャーにおける人気の傾向に近いと思う。男性にしては美しすぎるってことだよ」

というコメントに対し、

「本当にその通り。漫画の世界の人間みたい。とてもかっこいいわ」

と、羽生選手の人気を日本文化に繋ぎ合わせた考察も。


外国の評価の高さは、オリンピック前から十分なものでした。

フィギュアスケートファンの間では、若干19歳の羽生選手がオリンピックで優勝したことは決して意外なことではなかったのかもしれませんね。

0304.jpg


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。